How we want to change the world

Houdiniは自分たちが思い描いた変革に向けて前進してきました。しかしここで留まることはありません。社会と地球のためにあらゆるものを循環させる、よりポジティブで力強い存在になる必要があります。何故なら、それが私たちの使命なのだから。さもなければ私たちにビジネスを行う資格はないのです。

小さなクライミング・コミュニティのガレージブランドからスタートしたHoudiniが企業へと転身を遂げたのは1990年代初頭のことでした。以来、Houdiniは常に責任あるビジネスを心がけてきました。アウトドアを愛する者として大きな情熱を持ち、固い決意を掲げ、ときに不可能にも思える計画を立て、一つ一つ実行する。このビジネスをより良い方向に進ませるべく、数々のチャレンジに挑み、一切の妥協はありませんでした。この挑戦は私たちにとって心躍るものだったからです。

現代を生きる私たち。そして未来の世代のために掲げる目標は、多くの人が深く自然とつながることのできるよう、インスピレーションを授けること。自然と調和した、健康的で幸せなライフスタイルをもたらすこと。消費者それぞれに気づきを深めてもらい、美しい地球に豊かな社会を築くことです。この目標を実現するため、アウトドアでの活動をより充実したものにしてくれる最先端のプロダクトを提供し、そのための努力を惜しみません。自然を犠牲にするのではなく、自然と共生できるような革新的テクノロジーを追い求め、志を同じくする仲間たちと手を携えて新たなコミュニティを創造するのはこの目標のためなのです。

”100%循環型のビジネス、プロダクトを目指して“

The Houdini team and friends in the Nordmarka nature reserve, Norway.

Co-creating our roadmap

2016年末、Houdiniは自分たちが進むべき未来とそこへ至る道筋を描き出しました。このプランはHoudiniチームと、隣国ノルウェーのオスロ郊外にある自然保護区、ノールマルカで活動する数名の活動家により作成されたものです。ノルウェーでは今から半世紀前の1966年、登山家のニルス・ファールンドや、ディープエコロジーを提唱した哲学者、アルネ・ネスらのグループにより、革新的なマニフェスト「Stetind Declaration」が書かれています。これは、人類や現代社会は自然界とのつながりを深め、より調和を図ることの必要性を説いたもので、人間社会は速やかにその進路を改めるべき緊急性が明言されました。そして50年後の2016年、私たちは改めて議論を重ねたのです。未来にはさまざまな可能性やチャンスが残されていること、現代の地球環境を考えるに、もし私たちが何もアクションを起こさなかったら果たして未来はどんな姿になるのかということを……。こうして私たちの未来への道筋が見えてきました。それは非常に大胆な計画ですが、やり遂げる価値のあるものです。その詳細をご紹介しましょう。

One promise for the future is that we will never stop having fun!

Roadmap towards 2066 and beyond

私たちが製品に使用する資源は地球から借りたものであり、Houdiniは責任を持ってそれを管理し、地球と未来の子どもたちにより良い状態でお返しする責任があると考えます。よって、私たちは100%循環するビジネスと、ものづくりを心がけます。

By 2022

・Houdiniの全製品を循環型にします。全製品がリサイクル素材もしくは生分解性素材から作られ、製品の寿命が尽きた際にはリサイクル可能もしくは土に還ります。
・海洋、土壌、空気中からの廃棄物を再生材料として資源化する取り組みを始めます。
・廃棄物を資源とする産業共生の解決策を見出します。
・原材料の調達から製品の製造、流通に至るまで、製品にまつわるプロセスにおいて100%のトレーサビリティとその透明性を確立します。

By 2030

・原材料の調達から製品の製造、流通に至るまで、製品にまつわるプロセスの100%が循環型になります。
・原油から製造されるバージンナイロンやバージンポリエステルのような、地球の資源を消費する繊維は一切、使用しません。
・原材料の調達から製品の製造、流通に至るまで、製品にまつわるプロセスから廃棄物をなくします。
・製品に用いる繊維の20%に、海洋、土壌、空気中の廃棄物を資源とする新たな再生繊維を使用します。
・原材料の調達、製品の製造、流通など、製品にまつわるプロセスに用いられる染料や処理薬品の原料は100%リサイクル、もしくは再生可能になります。
・原材料の調達、製品の製造、流通など、製品にまつわるプロセスに用いられるエネルギーは100%再生可能エネルギーになります。
・ネット・ゼロを超えて自然と共生する再生システムへ移行します。

By 2066

・祝!「Stetind Declaration」の発表100周年と、Houdiniロードマップの作成50周年。私たちは既存のシステムに別れを告げ、新しいシステムを作り上げているはずです。
・私たちを突き動かす本質的な価値観は変わりません。つまり、より良いことを行い、一生懸命遊び、自分たちの限界を押しあげ、ビジネスにおいて新たな挑戦を楽しむこと。
・自然と人間社会は調和の取れた関係を取り戻し、私たちの人生はさらに意義深いものとなっていることでしょう。