ここ数年でトレイルランニングやファストパッキング等の軽量で身軽なアクティビティが人気を博しています。山だけに限らず自転車や移動を伴う際に「 軽量・コンパクト 」は、いまや製品化する上でも必須なのかもしれません。

そんな中でも、NORRONAは世界的にも常に最新のプロダクトを世に輩出してきています。今回は、その中でもこれからの梅雨時期・夏山シーズンに是非お勧めしたい『 bitihorn Gore-Tex Active 2.0 Jacket (M) 』の紹介です。

color : Golden Palm size : M モデル身長 : 175cm 

pants :  『 bitihorn dri1 Pants

前述したとおり、軽量レインウェアは200g前後もしくはそれ以下の製品も当たり前になってきました。

重量だけの観点に目を向けると、他ブランドの超軽量モデルやGore-Tex SHAKEDRYに分があります。

Gore-Tex Active2.0 のなにが特筆すべきかと言えば、旧来の高負荷アクティビティ向けのGore-Tex ActiveにはなかったGore-Tex C-KNIT のバッカーテクノロジー(裏地)を採用することで、両者の良いところ取りが実現したのです。

「 軽量・透湿性・快適性 」を備えたGore-Tex Active2.0は、これまでにないレインウェアとして一押しです。

 

正面メインポケットは、大容量ですぐに取り出したい小物でしたらいくつか収納することも可能です。

ベンチレーション機能も備えたメインジッパーは、開口部が広いので出し入れしやすいのも咄嗟の時にはかなり有効に働いてくれます。

 

フードは、キャップやビーニー着用時にしっかりとフィットします。庇部分にはパネルが配されているので、視界の確保も取れます。

 

フード後方にあるドローコードで調整可能。調整をすることにより、顔振りをした際にフードが邪魔にならず視界をクリアに保てます。メンズモデルで160gと軽量ながらもこういった機能を損なうことなく搭載しています。

 

 

袖口とウェスト周りはストレッチ性のあるカフを採用。調整することなく身体にフィットします。

ブランドロゴは、リフレクター機能も持っているので、夜間での使用時も安心して使用できます。

これからの季節に、軽さと高い透湿性を求めるアクティビティをする方に最適な一枚です。この春夏のアウトドアアクティビティに是非お試しください!

 

bitihorn Gore-Tex Active 2.0 Jacket (M)

price : ¥44,000+tax

color : Golden Palm / Indigo Night / Rooibos Tea

size : S-XL

bitihorn Gore-Tex Active 2.0 Jacket (W)

price : ¥44,000+tax

color : Campanula / Indigo Night / Pureed Pumpkin

size : XS-L