NORRONAのミッドレイヤーと言えば、こちらのモデルが外せません。

color : Indigo Night size : S(レディース)  モデル身長161㎝
beanie : 『 /29 fisherman Beanie
sunglasses : POC 『 WANT
pants :  『 falketind Gore-Tex Pants

保温性と通気性において、これほどバランスの取れたミッドレイヤーはなかなかありません。
暖かくて、軽くて、蒸れにくい。3拍子揃ったフリースになります。

Polartec® Alpha® 120を採用したこのアイテム。
一見、毛足の長いよくありがちなフリースに見えるかもしれませんが、本来は通気性のいいインサレーション(中綿素材)として開発されたPolartec®Alpha®の表地と裏地部分を省くことで、このような見た目になっています。
よく目にする毛足の長いフリースと何が違うのかと言うと、毛足間の隙間をあえて設けていることにあります。
このことにより、通気性が格段に向上し、重量比に対しての保温性が高くなります。

土台は格子状のガーゼのようなもの。そこにハイロフトフリースを編み込む事によりフリース部分がデッドエア(動かない空気)を蓄え、体温を暖かく保つことができます。
編み込んでいるのでダウンのように毛が抜け落ちることも少なく、格子状になっていて通気性がいいので乾燥時間の短縮に繋がり、結果保温に繋がる、という訳です。

color : North Atlantic-Caviar size : M モデル身長172㎝

着用していると分かりませんが、脱いでみるとすき間の多さが分かってもらえるのではないでしょうか?
上記カラーでのブラックの部分であるフード、袖下~脇下にかけてはストレッチ性と通気性を両立したPolartec® Power Gridを配置することで、動きの自由度も高い1枚となっています。

通気性がいい分、防風性はほとんどありませんので、風が強いコンディションではシェルを羽織って下さい。
シェルを羽織った状況でも、他のフリースより蒸れないことを実感してもらえるはずです。

全てジップ付きのポケットを3つ備えています。
胸ポケットは少し小さめですが、リップや日焼け止めなどの小物入れには十分なサイズ。
大きめなハンドポケットは両サイドにあり、胸ポケット同様に内側はメッシュで、ベンチレーションとしても使用できます。

sunglasses : POC 『 REQUIRE 』

フードはビーニーフィットで顎のしっかり下までカバーできます。
キャップの上から被ってもいいですし、スノーのシーンで使いたい時、ヘルメット下に被るビーニーの代わりにもなります。
バラクラバを被るまでもないコンディションにはちょうどいいですね。

color : Caviar size : M(メンズ)  モデル身長175㎝
cap : 『 /29 Flexfit Cap 』
sunglasses : POC 『 REQUIRE 』
glove : HESTRA 『 32950 ERGO GRIP ACTIVE

秋冬シーズンにおいて、全てのフリースの基準となるような”ちょうど良い”暖かさを与えてくれるフリースです。

まずは店頭で手に取ってみて下さい。
最初は軽さに驚き、着てみて保温性と通気性のバランスに驚くはずです。


falketind Alpha120 Zip Hood (M)
price : ¥26,000+tax
color : Caviar / Indigo Night / Olive Night-Olive Drab / North Atlantic-Caviar / Hawaiian Surf-Indigo    Night
size : S-XXL

falketind Alpha120 Zip Hood (W)
price : ¥26,000+tax
color : Caviar / Indigo Night / Orange Alert-Peach Amber / North Atlantic-Tourmaline / Jester Red
size : XS-M

※10/22時点で未入荷カラーがございます。
ご希望のカラーがある方は、FULLMARKS 各店へ気軽にお問合せ下さい。