NORRONAより耐久性と可動性の高いパンツ『 falketind flex1 Pants 』の紹介です。

 

color : Caviar-Multi size : M モデル身長183㎝ 体重70kg
jacket : NORRONA 『 falketind Gore-Tex Jacket


20/21秋冬シーズンに登場し、季節問わず安心して山で使える耐久性と、無駄のないカッティングから生み出される動きやすさが好評で、あっという間に完売してしまったパンツです。

 


生地にオリジナルのソフトシェルであるflex1を使用し、ストレッチ性・防風性・撥水性に優れたパンツです。
ソフトシェルと言えば少し厚手で冬用途のものが多いですが、flex1は裏地も薄く、幅広いコンディションで使いやすくなっています。
また、裏地に凹凸があるため、汗をかいてもべたつきにくいのも特徴です。
真夏の低山はさすがに暑いですが、低山なら真夏以外、アルプスなどの高山帯なら厳冬期以外はタイツなどで温度調整して使える守備範囲の広いパンツです。



color : Indigo Night(レディース)

トレッキングはもちろん、時にはクライミング要素を含むようなマウンテニアリングに対応できるように開発されているパンツですので、岩場でもパンツのもたつきが引っかかったりしないよう、裾まですっきりとしたシルエットのパンツに仕上がっています。

color : Indigo Night size : L モデル身長183㎝ 体重70kg

後ろから見てみると、膝のあたりで少し絞れているのが分かります。
この形状が無駄なもたつきを抑え、フィット感と動きやすさを両立しています。

 


膝を横から見ると、立体裁断がしっかり施されているのが分かりますね。
生地のストレッチ性と絶妙な立体裁断が相まって、岩場で大きく脚を上げたり広げたりしてもしっかりとパンツが動きに追従してくれるような感覚があります。

 

jacket : NORRONA 『 falketind Gore-Tex Jacket

ポケットには全てジップが付いていて、大きな動きをしても中のものが飛び出しません。
フロントには中くらいのポケットが二つ。内側はメッシュ構造で湿気も逃がしてくれます。

 


青色ジップと黄色ジップがポケットで、ポケットはフロント2つ、右太ももに1つ、バックに1つの計4つ。
緑ジップはベンチレーションです。



ベンチレーションはメッシュ付きのもので、上下どちらからでも開閉可能。




右太もものカーゴポケットは中にモバイルフォンポケットも付属していて、登攀中にポケットの中身が動く煩わしさもありません。
もちろん内側はメッシュ生地。



NORRONAのパンツと言えば、ウェストをベルクロで調整できるCustom fit waist systemが特徴。
これは通常のベルト調整に比べ、締め付け部分の当たりがソフトで快適です。



収納可能なゲイターフックで裾のめくり上がりも防ぎ、裾のドローコードでもっと裾幅を絞ることもできます。



最近はローカットのシューズも増えてきましたが、ハイカットのアルパインブーツに裾を被せられない場合は、サイドジップを広げて使って下さい。

ストレッチ性・耐久性・防風性・撥水性という様々な機能を持ちながら、無駄のないカッティングのパンツとなっています。
ご自身の使用用途や使用コンディションを考えて、夏の薄手パンツだと不安という方にお勧めです。



NORRONA 『 falketind flex1 Pants(M)
price : ¥22,000+tax
color : Indigo Night / Caviar / Caviar-Multi / Castor Grey-Foliage
size : S-XL

NORRONA 『 falketind flex1 Pants(W)
price : ¥22,000+tax
color : Indigo Night / Caviar / Sandstone / Indigo Night-Multi
size : XS-L
※レディースのみSlimバージョンの展開もあります
falketind flex1 Slim Pants(W)