NORRONAより革新的な保温着として大人気のジャケットの紹介です。


color : Indigo Night size : L  モデル身長183㎝
pants : 『 falketind flex1 Pants

何が革新的かというと、何と言ってもその通気性の良さです。
インナーダウンや化繊繊維の保温着と比べ、身体を動かした時に感じるジャケット内の必要以上の”暑さ”や”蒸れ”を感じることが格段に少なくなります。
オーバーヒートしにくい保温着という言われていますが、まさにその通りです。


color : Indigo Night size : S  モデル身長172㎝
jacket : 『 falketind Gore-Tex Jacket (M) 』

気温の低い時は中間着としてジャケットの下に着たり。


color : Pureed Pumpkin 
t-shirt : 『 fjora equaliser lightweight T-Shirt (M)  』

運動強度が高いアクティビティやそこまで気温の低い状況でなければ、Tシャツやアンダーウェアの上に羽織ってアウターとして使ったりと、マルチに使えます。
例えば、気温10℃を下回るくらいの気温での登山やランニングなどであれば、このくらいの重ね着でちょうどいいくらいです。

オーバーヒートしない保温着に仕上がっているのは、この幾何学模様のようにジャケット内側に張り巡らされた裏生地に正体があります。
これはOcta®という繊維を編み込んだ太めの糸をメッシュ生地に貼り付けています。



Octa®は写真右のような8本の突起のある空洞の繊維。
これを編み込んだ太めの糸が写真左です。
繊維自体も繊維間も多くの空気を保持できるため、効率的に保温性しながらも、隙間が多いため通気性が良くオーバーヒートしにくくなっているのです。
そしてこれだけ空間が多い繊維と編み方であれば、必然的に軽く、吸湿速乾性も高くなりますね。


color : Indigo Night size : XS (レディース) モデル身長153㎝ 

脇の下から裾までと腕の下部(青の部位)はwarm1 stretchという薄手のストレッチフリースを使うことで、激しい動きにもジャケットがしっかりと反応してくれます。

女性は寒がりと思われがちですが、こういう通気性のいい保温着というのは、夏のアルプス登山、トレイルランニングや雪山の本格登山を楽しむような方にとっては、すごく重宝するアイテムだと思います。


color : Indigo Night size : S (メンズ) モデル身長172㎝ 

袖口には親指を通せるサムホールが内蔵し、手首を保温してくれます。
このサムホールは使わない時は完全に袖口内側に収納されるので、従来の切れ目が入っているタイプと比べ、ベンチレーションホールから風が入ったり、引っ掛けたりすることもありません。


color : Foliage-Treetop size : M モデル身長 183cm

ベースレイヤーの上に羽織ったり、フリース代わりとしての使用がメインであればこれくらいフィットしたサイズ感で動きやすそうです。
NORRONA製品の中では、メンズ・レディースともに少しタイト目なサイズ感となります。ジップ付きのハンドウォームポケットが前面左右に2つ。
内生地はメッシュで、なるべく通気性を確保したい時にはベンチレーション(換気)として機能します。

 


color : Indigo Night size : S (レディース) モデル身長163㎝

ベースレイヤーと薄いフリースの上に羽織るような、寒い状況での使用を想定するなら少し余裕あるくらいのサイズ感を選んでみて下さい。

インナーダウンや従来のインサレーション(化繊中綿入り)のジャケットでは、暑い、もしくは熱がこもってしまう、と感じている方は多いのではないでしょうか?

そういう方は是非一度試してみて下さい。

 

falketind Octa Jacket (M)  』
price : ¥28,000+tax
color : Indigo Night / Arednalin / Sulphur Spring-North Atlantic / Foliage-Treetop
size : S-XXL

 

falketind Octa Jacket (W)  』
price : ¥28,000+tax
color : Indigo Night / Campanula-Arcadia / Honeysuckle
size : XS-XL